特注文字例
賽銭・賽銭箱・おさいせん・奉賽・浄財。その他

お賽銭の表現言葉

お賽銭はお供えの一種ですから、「お供えする」。もしくは「奉納する」がよろしいのではないでしょうか?
神へのお供えものはもともとお酒やお米、鳥、鹿、魚、野菜、海草などを供えていたのですが、貨幣経済の発展で、
一部がお金で代用されるようになったのですね。奉幣(ほうへい、ほうべい)という言葉があって、これは神に幣
(へい、ぬさ)を捧げる意味です。幣には錦織などの布類が用いられましたが、後世にお金で代用される様になり、
紙幣(お金の幣)の言葉が生まれたとも言われています。お賽銭が紙幣の場合はまさに奉幣(紙幣を奉る)ですね。
このたびは幣(ぬさ)もとりあえず手向山、紅葉の錦神のまにまに の和歌は、この度は(お供えの)幣を忘れて
きたので(美しい)山の紅葉を錦織の代わりに手向けます(お供えいたします)の意味ですね。錦織が幣(ぬさ=
お供え)として用いられていたことが分かります。神社でお祓いをして頂く時に、神職が持たれている祓い串につ
いているひらひらしたものも幣の変形したもので、現在は多くが紙製(紙の幣)ですが、古くは布製だった様です。

拝殿 = 神社の本坪鈴(ガラガラ)や賽銭箱が設置してある場所の名称

Q)、神社のお賽銭箱に入れる小銭は、いくらが良いのですか。

1), 20円
 (二重に縁がありますように!)

2)、100円
 (願いごと、感謝する初穂料は100円です)

3)、硬貨は・・・きれいな硬貨、100円、500円硬貨。
 (そのとき財布、小銭入れにあるきれいな硬貨すべて。)

 4)、高いほど御利益(ゴリヤク)があるから なるべく高額が良い (神様より)

5)、銀色の硬貨を入れます。
 (50円、100円、500円です。)

6)、自分の気持ちなのでいくらでもいいです。

7)、45円っす。
 「始終ご縁(しじゅうごえん)がありますように」

8)、ちなみに10円は「遠縁」になりタブーだそうですよ♪

9)、5円・415円・8,895円・889,415円
 5円を入れると「ご縁がありますように」
 415円を入れると「どうか『良いご縁』がありますように」
 8,895円を入れると「早くご縁を」
 889,415円を入れると「早く良いご縁を」
 語呂合わせですが縁起が良いそうです。

10)、いくらが良いとかは語呂合わせが多いのですが、特段気にせず
 私は100円にしています。家族4人で行く時は500円にしています。

11)、お金がある場合は状況に合わせて!

2.0尺 箱型賽銭箱 [欅製] 2.0尺-その他

特集:オバマはアジアに何を遺したか

2016-9・20号(9/13発売)

中国の海洋進出、前途多難なTPP、北朝鮮の核開発...... オバマが掲げた「アジア重視」戦略は失敗だったのか

2.0尺 箱型賽銭箱 [欅製] 2.0尺-その他

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!